ハイヤー運転手の東京都での年収と待遇について

最終更新日 2021年3月8日

監修・著者 株式会社しごとウェブ 佐藤 哲津斗

ハイヤーは一般的なタクシーとは違い、完全予約制で利用する車です。主に利用する人は、社会的地位の高い方です。企業の役員や著名人、報道関係者などその利用者は幅広いです。その運転手を務める方の仕事内容や年収なども気になるところです。

 

 

稼げるハイヤー運転手になるための資格や適性

これらの旅客輸送を目的とする運転には一般的な第一種運転免許とは違い第二種自動車免許が必要です。これの取得条件としても第一種免許取得後3年経過していて、初めて受験資格が得られます。最近では教習所で教習を受けると実地免除の措置がとられます。験場で学科試験を受けることも含めて、トータルで取得にかかる日数は最短で2週間かかります。この仕事は、VIP対応の方を載せますし接客に気を使い、安全に目的地まで運ぶという責任の重い任務です。一旦、車を発進させれば、全て自分の運転技術にかかっています。的確な判断能力が求められます。無事故、無違反、クレームゼロをしっかりと積み重ねて、客との信頼関係が生まれスキルアップ出来る仕事です。

 

給料は完全歩合性か、基本給プラス歩合制が多い

小さな積み重ねで、信頼が築けるようになると直接、運転手として指名を受けて仕事をもらえるようになったりします。顧客と会社からの信頼度が得られると、勿論給料面でもハイヤーとして認められ収入アップにつながります。歩合給として更に稼ぐことも出来ます。また実績を積み重ねれば、希望すれば、管理職の地位につくことも可能です。では初めはどのくらいの収入が見込めるのでしょう。会社によっては基本給プラス歩合制か、完全歩合制をとっている会社があります。基本給は大学を卒業した一般的な初任給より少し少ないと感じる程度です。そこに乗務した分の歩合が加算された額が給料です。歩合は日ごとに走った距離と乗務した時間が決まります。、そしてそれが加算されます。

 

さらなるスキルアップして収入アップさせるには

さらに年収を上げるためには、勤続年数や顧客様からの評価の積み重ねが地道な努力が必要です。これにより基本給や歩合の額を上げるか、会社の評価や営業力で顧客を一人でもを多く獲得することが重要です。また、VIP対応の顧客の中には勿論、海外の方も含まれますから、語学を勉強していれば、重宝されるでしょう。また運行管理者の資格を新たに取得するなどして、更に手当をもらえるようにすればおのずと年収もアップできます。多く稼ぐには、完全歩合制の方が給料の上限はありませんが、もし病気などで働けなくなった際の給料の保障がされません。それならばやはり基本給+歩合制の方が安定して稼ぐことが出来るでしょう。

【読んでおきたいページ】ドライバーとして仕事をするメリットとは

 

ハイヤー運転手の給料は高いかどうか 基本給と歩合給

タクシードライバーより稼ぐことが出来ると注目を集めている職業がハイヤーのドライバーです。しかし、実際どの程度の給料がもらえるのかわからず求人に応募することを躊躇している方も多くいます。そこで今回は、そんな給料に関して記載します。

 

ハイヤーでの収入は基本的には基本給と歩合給

ハイヤーのドライバーは、タクシードライバーと異なり流し営業を行いません。そのため、基本的には営業所で指示があるまで待機しています。しかし、タクシーのように歩合給の割合の方が多い場合、これでは中々まともな給料を得ることが出来ないため、ハイヤー会社の多くでは基本給に歩合給を足して給料を支給しています。一般的な基本給は大卒の方の初任給より少し少ない程度の値段で、それと走った距離と時間に合わせて歩合給が支給されます。どの程度の運転したかにもよりますが、大体1か月の給料は30万超えくらいが基本となっています。

【読んでおきたいページ】ハイヤー運転手は東京都で年収はいくら

 

それ以外にも手当てが付く場合もある

また、ハイヤーのドライバーは基本的にVIPのお客様を担当することになります。VIPの中には当然外国人のお客様も多くいらっしゃり、そんな方を担当することが出来るのは、ある程度その国の言葉を話すことが出来るドライバーです。そのため外国人を担当した場合、別途語学手当などといった手当てが付く企業が多くあります。またそれ以外にも運行管理者の資格を取得したりした場合、手当てが付く場合も多くあるため、少しでも高い給料を得たいと考えている場合は自ら積極的に動き、スキルアップを実現していくことが重要となってきます。

 

未経験でも応募できるからこそチャレンジ

ハイヤーのドライバーとして活躍したいと考えた場合、当然タクシードライバーなどを経験したことがある方の方が有利に働きます。しかし、だからといって未経験の方がハイヤーのドライバーになれないわけではありません。そのため未経験の方でも興味を持った場合は、求人情報をチェックしてみましょう。インターネット上から簡単にハイヤーの求人情報を探し出すことが出来るため、面倒な手間や時間も必要ありません。タクシードライバーと異なり、給料は基本的には高い環境で、自分らしく働きたい方は早速ハイヤーの求人に応募してみましょう。

【読んでおきたいページ】ハイヤー運転手には未経験からでも採用されるか

 

ハイヤー運転手は自分の希望する収入を稼げるのか

タクシー運転手への転職を希望する際に、「ハイヤー運転手になった方が、より稼げる可能性が高い」と言われることがあります。同じドライバー色に就くのであれば、より給料が高いところに惹かれるのは、当然のことだと言えるでしょう。ここで気になるのが、ハイヤーの方が本当に稼げるのかという点です。詳しく紹介していきます。

 

実際のハイヤー運転手の給料体系とはどうなのか

ハイヤーの方が本当に稼げるのかをチェックする際に、まず知っておきたいのがその給料体系についてです。ハイヤーのドライバーとして会社に採用された場合、多くの人は基本給に特別な手当てを加算して受け取ることになります。基本給だけで見ると、到底「稼げる仕事」という雰囲気ではありません。しかし、多くの手当てをゲットできる可能性が高いのが、ハイヤードライバーの特徴なのです。もちろんタクシードライバーの場合にも、「お客さんを乗せた分だけ給料がアップする、歩合制」を取り入れているケースが多いです。とはいえ、経験やスキル、そして運次第で、給料は上下してしまいます。

 

ドライバーが受け取れる各種手当とは

では具体的に、ハイヤードライバーとして仕事をすることになったとき、どのような手当を受け取れる可能性があるのでしょうか。乗務手当や車両管理手当、残業手当などは、多くの会社で導入されている手当です。このほかにも、特定のお客さまの送迎を担当するケースでは、早朝勤務や休日出勤が求められることもあるでしょう。もちろんこうした業務にも手当がつきます。このような手当を加算すると、月給が40万円以上になるケースもありますから、「稼げる仕事」の一つとしてとらえて良いでしょう。とはいえ、どのような立場の人を担当するのか、また会社の方針によっても給料は異なりますから、事前に確認しておくと安心できます。

【読んでおきたいページ】ハイヤー運転手は東京都で年収はいくら

 

手当と共に自身の健康管理も課題に

ドライバーとして仕事をする際に、高い給料を求めるのであれば、顧客の要求にこたえることが重要です。とはいえ、深夜や早朝の勤務が続けば、体を壊してしまうことも考えられます。また疲れが溜まれば、事故やトラブルの可能性も増えてしまうでしょう。給料面だけのメリットを追いかけるのではなく、ワークライフバランスをきちんと考えることも重要です。またハイヤーで送迎をする場合、送り届けた先で待機時間が発生するケースも珍しくありません。こうした時間をうまく活用して、自身の心身を健康に保つことも求められます。これらの行動をうまくとることができれば、ハイヤーの運転手は魅力度の高い職業だと言えそうです。本当に稼げるのかと、不安になる必要もありません。

【読んでおきたいページ】ハイヤー運転手の仕事で何がつらい・きついと感じるか

 

ハイヤー会社の求人について給料だけではなく待遇

ハイヤー会社の求人は、待遇で選ぶということが重要になっています。こうした、ハイヤー会社の募集している求人には様々なものがあります。どのように選択していくのかによって、得ることが出来るメリットなどもかなり変化していくことになります。

 

選ぶことのできるハイヤーの働き方

ハイヤー募集を探しているということなら、まずはどのような待遇になっているのかを調べるということが重要になっています。現在では、こうしたハイヤー募集が増えていることもあり魅力的な募集などもたくさんあります。魅力的な求人募集には、人が集まりやすいということからすぐに応募するということが大事です。給与などが、タクシーと比較しても高いという理由から転職している人もたくさんいます。待遇が良いということは、それだけのサービスを提供する必要性があります。最近では、様々な人が応募していることから採用条件も緩和傾向にあります。

 

ハイヤーは人が集まりやすくなっている

ハイヤー求人には、人が集まりやすくなっているという部分があります。それは、待遇がとても良いという部分が関係しています。待遇を良くしていくことによって、ハイヤー求人は応募してくる人が増えています。また、限られた人を送迎するサービスになっていることからハードワークにならないという部分も魅力となっています。こうした、様々な待遇の良さというものは人材としての資質を求められているという部分も関係しています。人材として、様々な能力が必要とされている部分があります。ただ、最近では人手不足から採用されやすくなっています。

 

待遇面から考えていくに関係して

ハイヤー求人を選択するなら、待遇面から考えていくということが重要になっています。待遇面から考えていくことによって様々なメリットがあります。どんなメリットを求めているのかによって、応募する求人を選択することも重要となっています。現在では、たくさんの需要があるサービスとなっていることから募集なども増えています。送迎サービスに関するキャリアがなくでも採用される可能性は、十分にあります。こうした、サービスの魅力は働きがいなどもあります。タクシーなどよりも給与が高い以外にも仕事のやりがいなども魅力となっています。

 

どんな募集を選択するのかによって、得ることが出来るメリットなどもかなり変化していくことになります。仕事を続けていく上での、モチベーションなどもかなり変化していくことになります。働く際の待遇に関するメリットは、大切なポイントです。

まとめ

タクシードライバーに転職したいと考える際には、ぜひハイヤードライバーについても検討してみてください。寮に入って仕事ができる会社も数多くありますから、専門の転職サイトなどで情報を集めると、効率よく転職活動ができます。

やはりより年収をあげたいと考えるのであれば、スキルを身に付けて、顧客をいかに増やしていくことが重要なポイントになります。ある程度スキルを身に付けられれば完全歩合制で働く方がより、稼ぐことが出来ます。しかし、この場合は、0になるリスクも潜んでいる事を理解しておきましょう。また、タクシーとは違い何倍も気遣いの必要な仕事であることを理解しておきましょう。

ハイヤーの給料はタクシードライバーと比べて高い場合がほとんどです。というのも完全予約制でVIPのお客様を担当するからです。勿論責任も重いですが、それ以上にやりがいがあります。ハイヤードライバーとしてご自身の接遇力やドライビング力を活かしてみましょう。

●【タクQ】は、会社選びも手伝ってくれます。入社祝い金支給!

【タクQ】ハイヤー無料転職支援サービス をご利用ください。

 

監修・著者 株式会社しごとウェブ 代表取締役 佐藤 哲津斗

弊社は、タクシー求人サイト「タクQ」を運営している会社です。ハイヤードライバーについての求人も扱っています。業界のことや仕事についてのことを情報収集し、転職をご希望の方にご案内しています。

タクQ
株式会社しごとウェブ コーポレートサイト


PAGE TOP