ハイヤーの仕事ならではのやりがいとは

やってよかったハイヤーの業務

運転ドライバーとしての仕事を探している場合、すぐに目につくのが「タクシードライバー」です。しかし選択肢は一つではありません。他にも「ハイヤードライバーになる」という道もあります。ハイヤードライバーならではのやりがいについて、三つ紹介していきます。

利用するお客さまと信頼関係を結べること

記事のイメージ画像

タクシードライバーではなく、ハイヤードライバーを目指すときに、まず知っておきたいのが「タクシーとハイヤーの違い」についてです。タクシーは基本的に、街中にいるお客さまを自分で探し、お客さまの状況に合わせて運転することになります。お客さまを見つけるために、街中を流して走る機会も多くなるでしょう。一方ハイヤーは、お客さまの求めに応じて、迎えに行くというサービス内容になります。タクシーのようにメーターはついておらず、時間単位で貸切ることになります。このため、一人のお客さまとじっくりと向き合い、そのお客さまだけのために働けるというメリットがあります。自然と信頼関係が生まれることも、少なくありません。

生活が安定していて、私生活も充実させられること

街中でお客さまを捕まえるタクシーは、「必要とされそうな時間と場所を探し、自分で出向く」必要があります。このため、早朝や深夜の勤務も珍しくありません。公共交通機関が動いていない時間は、タクシーにとって稼ぎ時とも言えるからです。しかしハイヤーの場合は、「事前予約に対応する」というのが基本的な勤務スタイルとなります。タクシードライバーと比較すると、勤務時間も安定しやすくなるでしょう。それに伴って、仕事以外の私生活を充実させることもできるはずです。「こんなに街中を走っているのに、お客さまを捕まえられない」と悩むこともありません。

格式ある仕事で、自分を高められること

ハイヤードライバーとして経験を積めば、法人契約で仕事をするドライバーになることも可能です。企業の重役を送り迎えするための専属ドライバーとして業務を行うことになったり、海外からの重要客をもてなす業務を任せられることもあります。「ただ場所を移動したいだけ」のお客さまを相手にするときとは違い、大きな責任が伴う仕事となるでしょう。大切なお客さまを、より快適に目的地まで送り届けることが、仕事のやりがいにもつながるはずです。格式ある相手のために仕事をしていれば、自分自身にも高い意識が生まれてきます。やりがいを持って、毎日の仕事を楽しめるでしょう。

まとめ

いきいきと仕事をするために、「やりがいを感じられること」は非常に重要なポイントとなります。ドライバー職の中でも、どんな仕事ならやりがいを感じることができるのか、じっくりと検討してみてください。ハイヤードライバーの職を探したいときには、専用の求人サイトを利用すると便利です。

比較ページへのリンク画像