ハイヤー運転手は本当に稼げるのか気になる方へ

実際のハイヤー運転手の稼ぎとはどうなのか

タクシー運転手への転職を希望する際に、「ハイヤー運転手になった方が、より稼げる可能性が高い」と言われることがあります。同じドライバー色に就くのであれば、より給料が高いところに惹かれるのは、当然のことだと言えるでしょう。ここで気になるのが、ハイヤーの方が本当に稼げるのかという点です。詳しく紹介していきます。

気になるハイヤー運転手の給料体系について

ハイヤーの方が本当に稼げるのかをチェックする際に、まず知っておきたいのがその給料体系についてです。ハイヤーのドライバーとして会社に採用された場合、多くの人は基本給に特別な手当てを加算して受け取ることになります。基本給だけで見ると、到底「稼げる仕事」という雰囲気ではありません。しかし、多くの手当てをゲットできる可能性が高いのが、ハイヤードライバーの特徴なのです。もちろんタクシードライバーの場合にも、「お客さんを乗せた分だけ給料がアップする、歩合制」を取り入れているケースが多いです。とはいえ、経験やスキル、そして運次第で、給料は上下してしまいます。

ドライバーが受け取れる各種手当とは

では具体的に、ハイヤードライバーとして仕事をすることになったとき、どのような手当を受け取れる可能性があるのでしょうか。乗務手当や車両管理手当、残業手当などは、多くの会社で導入されている手当です。このほかにも、特定のお客さまの送迎を担当するケースでは、早朝勤務や休日出勤が求められることもあるでしょう。もちろんこうした業務にも手当がつきます。このような手当を加算すると、月給が40万円以上になるケースもありますから、「稼げる仕事」の一つとしてとらえて良いでしょう。とはいえ、どのような立場の人を担当するのか、また会社の方針によっても給料は異なりますから、事前に確認しておくと安心できます。

手当と共に自身の健康管理も課題に

記事のイメージ画像

ドライバーとして仕事をする際に、高い給料を求めるのであれば、顧客の要求にこたえることが重要です。とはいえ、深夜や早朝の勤務が続けば、体を壊してしまうことも考えられます。また疲れが溜まれば、事故やトラブルの可能性も増えてしまうでしょう。給料面だけのメリットを追いかけるのではなく、ワークライフバランスをきちんと考えることも重要です。またハイヤーで送迎をする場合、送り届けた先で待機時間が発生するケースも珍しくありません。こうした時間をうまく活用して、自身の心身を健康に保つことも求められます。これらの行動をうまくとることができれば、ハイヤーの運転手は魅力度の高い職業だと言えそうです。本当に稼げるのかと、不安になる必要もありません。

まとめ

タクシードライバーに転職したいと考える際には、ぜひハイヤードライバーについても検討してみてください。寮に入って仕事ができる会社も数多くありますから、専門の転職サイトなどで情報を集めると、効率よく転職活動ができます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

優良会社のハイヤードライバーとして働きたい方へ
ハイヤーの運転手をすれば年収はいくら稼げるか
ハイヤードライバーの求人の給料は高いのか
ハイヤー求人は待遇で選択する必要性があるとは
乗務員募集中のハイヤー求人情報の見極め方
タクシーとハイヤーの違いについて知っておきたいこと
ハイヤードライバーとして仕事をする魅力は
ハイヤーの仕事ならではのやりがいとは
ハイヤーのドライバーとして仕事をするメリットとは
ハイヤーの仕事はどんなデメリットがあるのか
ハイヤーの求人は幅広い年齢で応募が出来る場合が多い
ハイヤーの求人に応募する際にドライバー経験は有利になるのか
ハイヤーの求人に応募する際有利に働くスキルとは
中央区のハイヤー運転手の需要に関して
ハイヤーの運転手は未経験でもなれるのか
ハイヤー求人の勤務地は東京が多いとは
ハイヤーの求人に応募した後の面接に関して
ハイヤー求人の書類選考に応募する方に向けて
ハイヤー求人の様々な注意点に関して
東京中央区内でハイヤーの乗務員募集中の会社を探す方法
理想のハイヤー求人に出会い、転職に成功するポイント
ハイヤー求人が求める人物像とは
ハイヤー業界に転職する際には評判をしっかりとチェックする
ハイヤーの仕事の流れとはどういったものか