仕事の流れ ハイヤー運転手の求人を比較 転職と乗務員募集「東京都」

ハイヤーの仕事の流れとはどういったものか

タクシードライバーとは異なる仕事内容なのがハイヤードライバーです。そこで今回は、タクシードライバーではなくハイヤードライバーとして活躍したいと考えている方に向けて、仕事の流れに関して記載していきます。

まずは車のチェックなどから行う

タクシーは流し営業が基本ですが、ハイヤーは完全予約制です。またお客様を安全安心確実に目的地まで届けることが使命となっています。そのため、まずは車のチェックをしっかりと行うことから始まります。外だけでなく車内もしっかりと点検し、細かな汚れや不備等もしっかりとチェックすることが重要となります。というのも、ハイヤーを利用するほとんどのお客様は一流のサービスを受けている方です。そのため、サービスの不備があった場合二度とその会社を使ってもらうことが出来ないため、しっかりとチェックを行うことが重要となります。

指示があった場所に出向いてサービスを開始

タクシーと異なりハイヤーは完全予約制のため、流し営業は行いません。その代わりに会社側から指示があった場所に出向いて、お客様を乗せて目的地まで運転することになります。お客様をお出迎えした後は実際に目的地まで運転することになりますが、その際に重要となることが、お客様の顔色や様子などをしっかりと判断した上でサービスを提供することです。というのも、ハイヤードライバーの仕事はただ単に目的地まで運転をすればよいだけではありません。お客様が快適に目的地まで過ごすことが出来る環境を作ることも大切な仕事内容の一つだからです。

指定された運転を終えた後の流れ

記事のイメージ画像

会社側から指示された指定の運転を終えた後は、営業所に戻ります。営業所に戻った後は早速洗車と車内点検を行います。というのも、ハイヤーは清潔さがポイントです。そのため、汚れがあってはいけないため確実に洗車や車内点検を行います。その後は営業日報を作成し、退社と言った流れになります。このような流れがハイヤードライバーの一日です。タクシードライバーのように流し営業がない分、魅力的な部分もありますが、逆に厳しい部分も数多くあります。そのため、この点をしっかりと把握した上で求人情報に応募するようにしましょう。

まとめ

ハイヤードライバーの仕事は、お客様が快適に車内で過ごすことが出来る環境を作り、安全安心確実に目的地に運ぶことです。タクシーより厳しい面も数多く持ち合わせている仕事ですが、その分やりがいもあります。その点を理解し、求人に応募しましょう。

●【タクQ】は、会社選びも手伝ってくれます。入社祝い金支給!

【タクQ】ハイヤー無料転職支援サービス をご利用ください。

比較ページへのリンク画像