求める人物像 ハイヤー運転手の求人を比較 転職と乗務員募集「東京都」

ハイヤー求人が求める人物像とは

タクシードライバーのように決められていない場所やルートを走るドライバーとして活躍するのではなく、一人一人とじっくり向き合いながら運転することが出来るハイヤーのドライバーとして活躍したい方に向けて、会社が求める人物像に関して記載します。

そもそもタクシーとハイヤーの違いとは

そもそも、タクシーとハイヤーの区別をしっかりと出来ていない方が多くいます。タクシーとは流し営業を通してお客様を待ち、お客様が希望したエリアに運転します。そのため駅前や街中のタクシー乗り場等で待機しながら客待ちを行うことも出来ます。一方ハイヤーとは、タクシーと異なり所属する会社で指示があるまで待機し、お客様から電話などによって要請された場合に限り運転することが出来ます。そのため、タクシーのように流し営業などを行うことは出来ません。そのため完全予約制で料金もタクシーを利用する場合よりは高くなっています。

どんな人物が求められているのか

では実際にハイヤーの求人情報に応募したいと考えた場合、会社が求める人物像とはどういったものなのでしょうか。タクシーと異なり完全予約制のため、担当したお客様のみを運ぶことになります。そのため、一人一人のお客様と一緒にいる時間が長いことから、多くの会社では素敵な笑顔ではっきりと受け答えをしながら接遇を行うことが出来る方が求められています。お客様に対して好印象を抱いて頂かないことには、リピートしてもらうことが出来ません。そのため、多くの会社が求める人物像は素敵な笑顔ではっきりと受け答えが出来る方が求められます。

それ以外に求められることとは一体何なのか

ではそれ以外にハイヤーの求人情報に応募したいと考えた際に求められることとは一体何なのでしょうか。それは、安全安心に運転することが出来る技術です。ハイヤーはお客様に代わって車を運転し、安全安心にお客様を目的地まで運ぶことが何よりもの使命です。そのため、安全安心に運転することが出来る技術がなければ、ドライバーとして活躍することが出来る資格がありません。そのためハイヤーのドライバー求人に応募したいと考えている方は、日々運転技術を磨き、お客様を目的地まで安全安心に運ぶことが出来る技術を手に入れましょう。

まとめ

タクシーとは違い、一人一人のお客様とじっくり向き合いながら運転するのがハイヤーです。だからこそ、タクシードライバーよりも更に厳しい採用基準となっています。運転技術だけでなく接遇技術も磨き、憧れの職場で働きましょう。

●【タクQ】は、会社選びも手伝ってくれます。入社祝い金支給!

【タクQ】ハイヤー無料転職支援サービス をご利用ください。

比較ページへのリンク画像