年収はいくらか ハイヤー運転手の求人を比較

気になるハイヤーで得られる収入

ハイヤーは一般的なタクシーとは違い、完全予約制で利用する車です。主に利用する人は、社会的地位の高い方です。企業の役員や著名人、報道関係者などその利用者は幅広いです。その運転手を務める方の仕事内容や年収なども気になるところです。

ハイヤーの運転手になるために必要な資格や適性

これらの旅客輸送を目的とする運転には一般的な第一種運転免許とは違い第二種自動車免許が必要です。これの取得条件としても第一種免許取得後3年経過していて、初めて受験資格が得られます。最近では教習所で教習を受けると実地免除の措置がとられます。験場で学科試験を受けることも含めて、トータルで取得にかかる日数は最短で2週間かかります。この仕事は、VIP対応の方を載せますし接客に気を使い、安全に目的地まで運ぶという責任の重い任務です。一旦、車を発進させれば、全て自分の運転技術にかかっています。的確な判断能力が求められます。無事故、無違反、クレームゼロをしっかりと積み重ねて、客との信頼関係が生まれスキルアップ出来る仕事です。

給料は完全歩合性か、基本給プラス歩合制が多い

小さな積み重ねで、信頼が築けるようになると直接、運転手として指名を受けて仕事をもらえるようになったりします。顧客と会社からの信頼度が得られると、勿論給料面でもハイヤーとして認められ収入アップにつながります。歩合給として更に稼ぐことも出来ます。また実績を積み重ねれば、希望すれば、管理職の地位につくことも可能です。では初めはどのくらいの収入が見込めるのでしょう。会社によっては基本給プラス歩合制か、完全歩合制をとっている会社があります。基本給は大学を卒業した一般的な初任給より少し少ないと感じる程度です。そこに乗務した分の歩合が加算された額が給料です。歩合は日ごとに走った距離と乗務した時間が決まります。、そしてそれが加算されます。

さらなるスキルアップして収入アップさせるには

さらに年収を上げるためには、勤続年数や顧客様からの評価の積み重ねが地道な努力が必要です。これにより基本給や歩合の額を上げるか、会社の評価や営業力で顧客を一人でもを多く獲得することが重要です。また、VIP対応の顧客の中には勿論、海外の方も含まれますから、語学を勉強していれば、重宝されるでしょう。また運行管理者の資格を新たに取得するなどして、更に手当をもらえるようにすればおのずと年収もアップできます。多く稼ぐには、完全歩合制の方が給料の上限はありませんが、もし病気などで働けなくなった際の給料の保障がされません。それならばやはり基本給+歩合制の方が安定して稼ぐことが出来るでしょう。

まとめ

やはりより年収をあげたいと考えるのであれば、スキルを身に付けて、顧客をいかに増やしていくことが重要なポイントになります。ある程度スキルを身に付けられれば完全歩合制で働く方がより、稼ぐことが出来ます。しかし、この場合は、0になるリスクも潜んでいる事を理解しておきましょう。また、タクシーとは違い何倍も気遣いの必要な仕事であることを理解しておきましょう。

●【タクQ】は、会社選びも手伝ってくれます。入社祝い金支給!

【タクQ】ハイヤー無料転職支援サービス をご利用ください。

比較ページへのリンク画像