ハイヤーの求人は幅広い年齢で応募ができることが多い

実際にハイヤーで採用の対象となる年代

ハイヤーは高級な車両に乗り、高度な接客サービスを提供する仕事です。主に対応する顧客としては官公庁、大手企業、報道関係者などのVIP対応の方を乗せることも多く、運転技術と、対応力も必要です。求人情報は幅広い年齢層にあることも多いので、年齢で諦めずに探して応募してみると良いでしょう。

年齢で諦めずに根気よく求人を探してみる

他業種では、途中採用となると年齢に制限を設けられている場合が多く、諦めざるを得ないという場合がありますが、ハイヤーの場合には求人条件は、年代が幅広い傾向があります。ですので、誰にでも応募できるチャンスがあります。30代の方であれば体力もあり、意欲的に働くことができますし、40代にもなれば、社会に出て経験を積んだ分、コミュニケーション能力も接客力も身に付いているでしょう。また、基本である運転技術もより磨きがかかります。熟年を迎えた50代の方であれば、更に経験値が増し、VIPの顧客を対応するだけのノウハウ、信頼感も築きやすいでしょう。それぞれの良さがあり一概に若いから良いという仕事ではありませんので根気よく探してみる事が大切です。

未経験者でも安心な教育制度がある会社を選ぶ

経験がないからと心配している方でも安心なように、教育制度が整えられている会社が多いのも特徴です。経験者は優遇されるというのは一般的にもよく見かけますが、未経験者も応募が可能な場合が多いです。そのためにはまずは第2種免許を取得するという事が条件になりますが、この第2種は取得するのに2週間ほどかかるものの、第一種免許を取得して3年以上経っている人であれば容易に取得できる資格です。ドライバーの腕も勿論大切ですがそれ以上に大切なのは向上心とやる気です。ハイヤーとして活躍できるための研修を先輩ドライバーからしっかりとレクチャーを受けて覚えていけるので安心です。運転技術や、地理、接客の心得など積極的に身に付けることが出来ます。

実績を積み重ねれば更に給料アップも望める

基本給にプラスして歩合制で給料が加算されることが多いのがハイヤーです。中には歩合制だけで給料が決まる会社もあります。入社してからは地道な努力を心掛け、顧客と、会社の信頼を築いていくことが給料アップへとつながります。やはりこの仕事で大事なのは、顧客からどう評価されるかです。その中で一番、困るのがクレームです。クレームを受けない様に仕事をすることは勿論大切ですが、万一クレームが出た場合に改善する方法を考え、反省して次に生かすことが大切です。また、確実な運転が基本ですので、無事故、無違反は基本中の基本と言えます。定期的に報奨金を支給している会社もあります。努力すればするほど、評価してもらえるという点ではやりがいのある仕事と言えるでしょう。

まとめ

幅広い年齢でも活躍できる可能性があるハイヤーはスキルを磨けば更にやりがいを見出すことが出来ます。一期一会の出会いになる事が多いタクシー運転手と違い、信頼関係の構築もとても重要なポイントになりますし、顧客と適度な距離感を築きながら接することもスキルとして必要です。年齢で諦めずに自分の意欲を信じて求人を探すことを試みてみましょう。

比較ページへのリンク画像